自動車整備士の種類はさまざま

自動車整備士といってもさまざまな種類があり、その資格により整備範囲などが変わってきます。
おおきな分類としては、ガソリン車とディーゼル車に分かれます。
その中でも等級があって3級から1級まであります。
取得順番としては、いきなり1級を取ることはできず基本的には3級から順番に取得する必要があります。
なかには、大学などで専門教育を行っており3級を飛ばして2級の整備士試験の受験資格を得ることもできます。
自動車整備士は専門学校や養成学校に通っても、受験資格はもらえますが、資格はもらえません。
学校に通うことにより、実務経験の年数を免除されたり実技試験を免除してくれたりします。
国内の整備工場で働こうと思うと、最低でも2級整備士は取得しておくと有利です。
2級整備士は、大学や専門学校で受験資格をもらえます。
ただし、授業の単位数や必須実技数が厳しく決められており簡単には取得できません。
また、実技試験が免除になるだけなので最後には難関の筆記試験を受ける必要があります。
ガソリン、ジーゼルの整備士試験はそれぞれ別々のもので別に受験する必要があります。
それぞれ難しく合格率も低いのですが、特にジーゼル整備士が難易度が高く不合格になる人が多いです。

Comments are closed.