種類別の資格試験

現代日本におきましては、自動車の普及は著しく、ビジネスや家庭生活など、社会の根本を支えているといっても決して過言ではありません。
国民生活の隅々にまで、自動車が浸透しているのが事実です。
しかし、他面において、交通量が圧倒的に増加することによって、痛ましい交通事故が多発し、環境汚染にもつながっているなど、大きな社会問題を引き起こしていることも事実であります。
そのため、自動車の運行の安全を確保 し、環境を保護する立場にある自動車整備士の任務は、非常に重要なものとなってきております。
自動車整備士にあるためには、国土交通省が実施している自動車整備士の技能検定試験に合格しなければなりません。
試験は道路運送車両法に基づいて行われ、合格すると、国土交通大臣より合格証書が交付されます。
自動車整備士には、幾つもの種類があります。
一級自動車整備士、二級自動車整備士、三級自動車整備士、特殊整備士の4つに分かれ、さらに、それぞれの中で車種別に区別されています。
受験資格としては、それぞれの種別ごとで詳細にわたって定められています。
各級とも、それぞれの科目に関して、学科試験と実技試験が行われます。
なお、一級に関しては筆記試験と口述試験とが課されます。

Comments are closed.