エンジンからの異音の注意

自動車のエンジンを掛けると、異音が発生してしまうケースがあります。一般的には車種によっても異なりますが、ある程度の音は発生するものとしても知られている場所になります。特に古くなってしまった自動車の場合では、新車時と比較すると、自然と異音が増えてしまう傾向にあって、その中には大きな問題が発生しないというケースも見られます。しかし、異音の種類によっては速やかに対応することが望ましい内容も出てくるために、気になっている方の場合では、早期に修理に出すこともおすすめです。例えば金属音が激しい場合では、オイルを疑うことができます。自然とオイル漏れを発生している場合や、長期にわたってオイルの交換をしていない場合では、金属音が発生してしまう場合があります。また、滑るような音が発生している場合では、ベルト系を疑うことができます。ベルトにも複数の種類があり、タイミングベルトなども要注意とされています。他のベルト類もたるみや損傷が発生している可能性を持っているために、早期に点検を行うことが賢明です。また、排気系に関しても注意が必要です。排気系はマフラーが有名ですが、マフラーにつながる元の部分があり、亀裂や穴などが開いてしまっている場合では、大きな異音が発生するために、通常ではパーツ交換が必要です。

Comments are closed.